Peachの航空券にはどんな運賃タイプがあるのか、その違いは何か

LCCなので、元々の運賃設定は安くなっていても、安さを知っていると、より安い値段を人間は求めてしまうものです。では、Peach航空ではどんな運賃タイプがあるのか、安売りチケットなどは販売しているのでしょうか。

Peachの航空券にはどんな運賃タイプがあるのか、その違いは何か

ピーチ航空の航空券と言っても、普通運賃から割引運賃まで色々あるというのは皆さんもご想像がつくでしょう。では、一体どんな運賃タイプが用意されており、それらの運賃による違いというのは一体何なのでしょうか。

Peacの航空券には色々な運賃タイプがある

ピーチ航空の運賃タイプは、まずは普通運賃、これは、割引が聞いていない、一般的な運賃です。大手航空会社もこれをベースとして割引運賃を色々と作っていますよね。LCCの場合は、ビジネスクラスのような席は基本的には用意していません(プレエコレベルのものはありますが)。

ですので、ピーチ航空の場合は、プライムピーチというのが最上級のクラスになり、エコノミークラスのトップだと思いましょう。その後には、バリューピーチ、シンプルピーチというように続きます。

ピーチ航空の運賃設定というのは非常にシンプルで、割引運賃と普通運賃を考慮しても、トータルで3種類しか運賃タイプがないのです。ですので、何度も載っていれば、乗客もその運賃設定を理解してきます。

1番安いシンプルピーチの場合、大阪から札幌路線で、最低額だと、5,000円弱なのですが、プライムピーチともなると、9,670円となります。値段面では2倍近く異なりますが、条件でも差が出てくるので、それについては後にご説明しましょう。

運賃タイプによって航空券にはどんな違いがあるのか

ピーチ航空の運賃タイプは3種類のみですから、わかりやすいです。では、どんな違いがあるのかといえば、簡単に言うと、条件の厳しさの違いです。例えば、シンプルピーチ、これは、最安値となりますが、最安値な分、条件は厳しくなります。

機内手荷物は10kgまでとなっており、預け荷物は有料、変更手数料も有料、座席指定も有料で、購入期限も、フライト搭乗時間の2日前までとなっています。次のレベルは、バリューピーチで、航空会社自体は、これをリコメンドしています。

預け荷物も1個までは無料、プレジャーシートとスタンダードシートの座席指定、フライト変更料は無料、さらに、フライト出発の1時間前まで予約可能です。そして、1番リッチなクラスとされる、プライムピーチは、預け荷物は2個まで無料、座席指定もフライト変更も無料など、1番優遇されているステータスとなっています。

もし、預け荷物が多いとか、座席指定を絶対したいという方は、このシートを最初から選んでいれば、優先的に対応してくれるので、おすすめですよ。

ページ上に戻る