Peach航空のフライトのちょっと変わった特徴を知ろう

ピーチ航空のフライトって、何か大手航空会社と違うの?とか、何か特徴はあるのかなんて思いませんか。そこで、ここでは、今話題のピーチ航空のフライトの特徴についてご紹介したいと思います。ちょっと他の航空会社と違う点があるのです。

Peach航空の機内放送がとにかく話題になっています

1番ピーチ航空の中で話題になっているのが、フライトでのアナウンス、つまり、機内アナウンスです。まず、ピーチ航空のハブ空港、これは、関西国際空港、通称、関空であるということを知らない方は少ないかもしれません。

それを踏まえれば、この特徴を理解していただけるかと思いますが、ピーチ航空の機内アナウンスは、なんと関西弁です。「おおきに」などという言葉が聞こえるのです。しかも、関西人もびっくりするような、いわゆる「コテコテ」の関西弁でアナウンスをするので、特に、関西近郊以外に住む方にとっては面白いものとなります。

もちろん、関西の方にとっても、関西で今ではなかなかレアな関西弁を使うので、クスッとしてしまうと言われています。そもそも、ピーチのCEOも関西の人であり、インタビューなどにも関西弁で答えています。

さらには、ピーチの運営会社にしても関空のある泉佐野市が本拠地となっています。そんな関西愛を前面に押し出して、乗客に楽しんでもらっているのが、ピーチ航空なのです。

Peach航空のフライトはボディも特徴!機内はどうなっているの?!

ピーチ航空の機体は、「ピーチ」航空の名前にふさわしく、ピンクになっているのが特徴です。過去に何度も飛行機に乗っている方であっても、なかなかピンクの機体に乗ったことがある方は少ないのではないでしょうか。

そんなに見るようなカラーではありません。このピーチ航空の機体はLCCならでは、どの路線にも同じ機種を飛ばしています。ですので、すべて、A320-200という機種を飛ばしているのですが、シートは、よくある3席と3席で1通路となります。

機内の内装に関しては、最近のLCC(格安航空会社)でよく見られる、レザーシートをとりいれているのが特徴で、ここでも、ピーチ航空独自のカラーが用いられています。個人ディスプレイなどはついていませんが、このソフトなカラーの飛行機に乗っていれば、皆さん、穏やかな気持ちになっていただけます。

座席は、LCCならではの感覚ですが、女性であれば、まだゆとりは感じられるようなスペースになっていますし、かわいい機体と機内なので許せてしまうはずです。

peach航空の評判TOP